にきび跡クレーターができる理由について

///

///

にきび跡クレーターができる理由

にきび跡クレーターができる理由についてのサイトです

にきびを見つけたらできるだけ早くケアをすることが、肌の凹凸を防ぐ最も確実な方法です。毛根から分泌される汗や脂肪分が毛穴に溜まり、雑菌が増えて化膿することにきびとなり、これは尋常性挫創ともいいます。にきび跡クレーターができてしまうのは、深い部分まで炎症の影響が出てしまった時となります。どうしてにきび跡クレーターができてしまうのか理解するためには、どうしてにきびができるかを知る必要があります。

 

にきびが悪化すると、時にクレーターとなるのはどうしてでしょう。初期症状のにきびは皮膚の浅い部分で炎症を起こします。この段階できちんとしたにきびケアをされなかったにきびは、その範囲を広げ、また、皮膚の深い部分まで侵食を始めます。

 

一般的に、顔に出来る尋常性挫創がにきびと呼ばれています。初期症状である白にきびの段階できちんとしたにきびケアができていれば、にきび跡クレーターが残るようなことはほとんどないでしょう。一旦にきび跡クレーターができてしまうと、下層までにきびの悪影響を受けた皮膚は思うようには戻せません。

 

多量の発汗や皮脂の分泌がある場所ほどにきびは多く、背中や肩、胸なども要注意の場所といえます。詰まりを起こした毛穴には脂肪が溜まったり、溜まった脂肪が酸化して黒ずんだりします。にきびの進行状況によって、皮膚が受けている影響も異なります。