ニキビと紫外線について

///

///

ニキビと紫外線

ニキビと紫外線についてのサイトです

ニキビケアのためには紫外線対策を季節に関係なく行うことが大切です。紫外線は、太陽光に含まれる目に見えない光のことで、UVA、UVB、UVCの三種類があります。ニキビは早期にケアすればニキビ跡が残ることはなく、きれいに治すことが出来ます。

 

肌にダメージを与える紫外線は、UVAとUVBで、浴び過ぎるとニキビ跡を残す原因となります。しかしニキビが広範囲に広がったり、治ってもすぐに出るなどの悪循環を繰りかえることによって、ニキビ跡が残ってしまい凸凹な肌になる可能性もあります。ニキビ跡は皮膚が傷ついて出来るため、刺激に弱くなっています。

 

紫外線UVBは、UVAに比べると波長は短いですが、長く浴び過ぎると、活性酸素や過酸化皮質などの有害物質が発生してしまうため、ニキビが炎症してしまったりニキビ跡が残ってしまいます。またメラニン色素の生成を促すため、ニキビ跡が色素沈着となる可能性が高くなります。そのため水分保持が出来なくなり肌が乾燥してニキビ跡が残りやすくなります。

 

真皮まで届くUVAはコラーゲンなどの肌の弾力を保持する成分も壊してしまうため、紫外線対策をきちんと取る必要があります。ニキビやニキビ跡がある場合は、紫外線に注意する必要があります。紫外線UVAは、波長の長い紫外線で肌の奥まで入り込み、ヒアルロン酸を分解してしまいます。