ニキビとストレスの関係について

///

///

ニキビとストレスの関係

ニキビとストレスの関係についてのサイトです

思春期のニキビは皮脂が大量に分泌されることによって毛穴が汚れて詰まったりすることで起こります。ニキビが出来ることによってストレスを感じてしまいニキビが繰り返えされ、いつまでも治らないというケースも多いようです。ニキビを改善するには、ストレスと上手につきあっていくことが大切です。過度のストレスがかかるとホルモンバランスが崩れると言われるのにはこのような理由があるのです。

 

血流が悪くなると血流活性効果のあるジヒドロテストステロンと言われる男性ホルモンがたくさん分泌されます。極度のストレスは、緊張状態を招き、血液の流れを悪くします。ストレスはニキビ以外の病気にも影響してきます。ニキビには思春期に見られるものと大人になってから見られるものがあり、原因にも違いがあります。

 

ストレスによるニキビは悪循環を招くこともあります。自分に合ったストレス改善方法を見つけてストレスを少しずつでもなくしていくことが大切でニキビ予防にもなります。大人のニキビは皮脂が多いことよりも、疲れやストレス、食事や生活習慣などの影響を受けている場合が多いようです。

 

ストレスはニキビの大きな原因のひとつです。ジヒドロテストステロンがニキビの原因となり、ニキビを発生させてしまいます。ストレスをためこまないようにスポーツや趣味を見つけて没頭するのもいいでしょう。