ニキビと食べ物について

///

///

ニキビと食べ物

ニキビと食べ物についてのサイトです

ニキビを予防するには、バランスの良い食事をとることが大切です。お米やパン、じゃがいもなどの炭水化物は消化されると糖分に分解され、糖分が油分となり皮下脂肪として蓄えられるため、食べすぎないように注意する必要があります。また刺激物は胃や内臓に負担がかかるため、多量に摂取するのは控えましょう。揚げ物や肉などの動物性脂肪も、皮脂の分泌が増えるのでなるべく控えましょう。

 

甘い食べ物や油分の多い食べ物はニキビの一番の原因になります。摂りすぎなければ問題はないので食べる量を調整して摂取しましょう。油分や甘い食べ物を多く摂る人はニキビができやすい環境を作ってしまうので気を付けなければなりません。お酒は糖分を多く含んでおり、糖や皮脂の代謝を促すビタミンBを大量に消費してしまうため、ニキビの原因になります。

 

飲酒もニキビと関係があります。ケーキやチョコレートなどの糖分が多い食べ物は消化されると油分に変化するので、ニキビを予防するためには食べすぎないように我慢する必要があります。ニキビ予防には、肉類よりも魚類が良いと言われています。

 

辛い食べ物は血行を促進しニキビの炎症を悪化されてしまう恐れがあるので、ニキビにはあまり良くありません。炭水化物の摂りすぎはニキビが出来やすくなります。魚は血液をサラサラにする効果もあるので積極的に摂取すると良いでしょう。